メインコンテンツをスキップします。
エラーメッセージ : エラーメッセージリスト。エラーメッセージを読むために下向き矢印を押してください。
警告メッセージ : 警告メッセージリスト。警告メッセージを読むために下向き矢印をに押します。
インフォメーションメッセージ : インフォメーションメッセージリスト。インフォメーションメッセージを読むために下向き矢印を押します。

機内持ち込み手荷物

手荷物許容量

注意:共同運航便は実際運航する航空会社の規定に従う。

機内持ち込み手荷物とは、搭乗者が機内に持ち込んで、頭上の荷物入れまたは前席の下に収納できる小型の手荷物のことを指します。

ご利用クラス 最大個数 1 個あたりの最大重量 1 個あたりの最大寸法
ファーストクラス 2 個 5 kg 3 辺(奥行、幅、高さ)の和が 115 cm(45 インチ)以内
ビジネスクラス 1 個 5 kg 3 辺(奥行、幅、高さ)の和が 115 cm(45 インチ)以内
プレミアムエコノミークラス 1 個 5 kg 3 辺(奥行、幅、高さ)の和が 115 cm(45 インチ)以内
エコノミークラス 1 個 5 kg 3 辺(奥行、幅、高さ)の和が 115 cm(45 インチ)以内

注意:上記の機内持ち込み手荷物の重量、個数、またはサイズの制限を超える手荷物は、受託手荷物としてお預けください。


前述の機内持ち込み可能なお手荷物に加えて、次のお手荷物も無料で機内にお持ちいただけます。

お手荷物 対象となるお客様
コート、ショール、ひざ掛け/傘または杖/小型カメラ/双眼鏡/妥当な量のお読みもの/通常の旅行用洗面道具/化粧品を入れたハンドバッグ(お預けになる必要のある洗面道具/化粧品を除く) 無料でご搭乗のお子様、または運賃全額の10%の料金でご搭乗のお子様を除くすべてのお客様
ベビーフードは機内にご用意しております/ベビーバスケット、および折りたたみ式のベビーカー(機内持ち込み、または貨物室でのお預かり) 無料でご搭乗のお子様、または運賃全額の10%の料金でご搭乗のお子様を除くすべてのお客様
折りたたみ式の車椅子、松葉杖、ストラップ、その他の歩行補助用具(機内持ち込み、または貨物室でのお預かり) 車椅子、杖、ストラップ、その他の歩行補助用具をご使用の身体の不自由なお客様
* 盲導犬や聴導犬などの介助犬(目や耳の不自由なお客様を補助するための特別な訓練を受けた犬) 介助犬をご使用の目や耳の不自由なお客様は、事前にお知らせになり、医療機関からの証明書をご提示ください



リチウムイオン電池

フライトで必要になる妥当な数のスペアバッテリーや、フライト中に個人で使用するためのリチウムイオン電池搭載の携帯電話、ノートパソコン、カメラなどの機器(パワーバンクなど)を機内にお持ちになる場合は、以下の点にご注意ください。

  • 1.電子機器はお預けになる手荷物、または機内持ち込み手荷物に入れることができます。ただし、機内持ち込み手荷物に入れることができるスペアバッテリーは、妥当な数のみに制限されます。
  • 2. 飛行中は、リチウムイオン電池を内蔵した電子機器の電源を切り、誤って作動することのないようにしてください。すべての予備電池は、摩擦、衝突、または短絡による自然爆発や発火を避けるために、電極を適切に保護して個別に梱包してください。
  • 3. 飛行中に充電器を使用して電子機器に充電することは禁止されています。電源切り替えスイッチ付きの充電器は、飛行中電源をお切りください。


リチウムイオン電池の仕様 最大個数 輸送規則
ワット時定格量 < 100wh - 機内持ち込み手荷物に入れることができ、申告する必要はありません。
100wh < ワット時定格量 < 160wh 2 個 搭乗前に航空会社に申告して承認を得る必要があります。
ワット時定格量 >160wh - 貨物扱いとして航空会社へ申告。

注意:
搭乗前にリチウムイオン電池に記されたワット時定格量(Wh)をご確認ください。 ワット時定格量が記されていない場合は、次の公式を使用して算出してください。

  1. ワット時定格量(Wh) = 電池容量(Ah) x 定格電圧(V)
  2. 電池容量の単位変換:1 Ah = 1000 mAh



液体物

  • 1. お客様が機内に持ち込むあらゆる液体物、ジェル、エアゾール類は、容量 100 ml 以下の容器に入れてください。容量が 100 ml を超える容器は、中身が 100 ml 以下であっても機内持ち込みが禁止されており、受託手荷物に入れる必要があります。
  • 2. 液体物の入った容器は、容量 1 L 以下の再封可能な透明プラスチック製袋に余裕を持って入れてください。透明プラスチック製袋の持ち込みは、お客様お 1 人につき 1 つのみです。これを超える液体物は受託手荷物に入れてください。
  • 3. 液体物を入れたプラスチック製袋は、保安検査場で個別に検査を受けてください。ベビーミルク/ミルク/母乳(乳幼児同伴の場合に限る)および糖尿病やその他疾患の患者が携帯する必要のある液状の医薬品は、保安検査場で検査を受け、検査員に必要な証明書を提示してください。液状の医薬品は、100 ml 以下の容器に入れて透明プラスチック製袋に入れてください。
  • 4. 保安検査後の搭乗待合いエリア(クリーンエリア)で購入された液体物は、機内へ持ち込み可能です。

お支払い方法

  • Visa Card
  • Master Card
  • American Express
  • Union Pay
  • Diners Card
  • JCB Card
  • Japan convenience stores